未来の災害に対応する力を、社会全体ではぐくもう

日本赤十字社は、2011年の東日本大震災をきっかけに、3年前から「まもるいのち ひろめるぼうさい」という防災教育プログラムを、全国の小学校、中学校、高等学校を中心に展開しています。
自然災害は、いつ、どこで起こるか誰にもわかりません。大人も子どもも、ひとりのときも、誰かと一緒にいるときも、どんなところでも、災害に遭う可能性はあります。災害に遭遇したときに、自分の命を守るにはどうしたらいいのか。
そして、周りのみんなと助け合いながら生き抜いていくにはどうすればよいのか。自ら考え、正しく行動できる防災意識をはぐくんでいます。
香川県丸亀市立城坤小学校での「まもるいのち ひろめるぼうさい」授業の様子。この日、4年2組のみんなは「避難するときに持っていくもの」について、それぞれの意見を出し合い、活発に話し合いました。

まもるいのち=自分のいのちを守る力を身につけること。

ひろめるぼうさい=学校、地域、家庭に防災を広めることで、防災意識を高め、周りの命を救うこと。いのちの大切さ、思いやる心を育てること。
自然災害に向き合ってきた日本赤十字社と現場の教員が提案する「授業ですぐ使える防災教材」をこの一冊にまとめました。
これまで青少年赤十字が取り組んできた防災は、自分が助かったことを前提としており、「人を助けるためには、まず自分が生きなければならない」ことを学ぶ必要がありました。
将来起こりうる自然災害に対して未来を担う子どもたちは、災害についての正しい知識を持ち、自ら考えて判断し、危険から身を守る行動をとらなければなりません。
日本赤十字社の防災教育は、児童・生徒が主体的に取り組み、知識と行動力を身につけることができるだけでなく、他者への思いやりや優しさ、いのちの大切さを学び取る力を育む内容になっています。
まもるいのち ひろめるぼうさい
まもるいのち ひろめるぼうさい

青少年赤十字防災教育プログラム
「まもるいのち ひろめるぼうさい」

自然災害に向き合ってきた日本赤十字社と現場の教員が提案する「授業ですぐ使える防災教材」をこの一冊にまとめました。
これまで青少年赤十字が取り組んできた防災は、自分が助かったことを前提としており、「人を助けるためには、まず自分が生きなければならない」ことを学ぶ必要がありました。
将来起こりうる自然災害に対して未来を担う子どもたちは、災害についての正しい知識を持ち、自ら考えて判断し、危険から身を守る行動をとらなければなりません。
日本赤十字社の防災教育は、児童・生徒が主体的に取り組み、知識と行動力を身につけることができるだけでなく、他者への思いやりや優しさ、いのちの大切さを学び取る力を育む内容になっています。